期間で選ぶ

一言に合宿免許といっても入校する期間で、かかる費用も、混雑状況も変わってきます。先にも述べましたが、合宿免許の最大のメリットは、教習所に通うのと比べてかかる費用が安いことと、教習にかかる期間が短くて済むことです。どうせ合宿免許を利用するのであれば誰しもがより安く、より早く教習を終わらせたいと思う人が圧倒的多数であると思います。そのうち、教習にかかる費用を最小限に抑えるコツの中に、利用する期間を考えることがあります。

合宿免許もさまざまなサービス業と同じように季節により教習生の量に差があり、オンシーズン、オフシーズンがあります。オンシーズンはやはり1月から3月の進路の決まった高校生や、就職先の決まった大学生が申し込む時期で、費用も少し高めです。進路の決まった学生が免許を取るためにその期間しか利用できないのであればその選択はいいと思いますが、そうでない対象の人は、あえてこの込み合う時期を選ぶ必要がないかと思います。

場所によっては、夏休みの時期に割引のキャンペーンの行っているところもあるので、できるだけ安く抑えたいという希望があればオンシーズンを外してこういったキャンペーンを狙うのがいいと思います。

多様化する合宿免許

一昔前の合宿免許は、短期間で安く運転免許を取得する手段であり、行っている企業も少なく、サービスを受けられる対象者も限られているイメージがありました。しかし、現在の合宿免許のサービスは以前より需要も多くなり、サービスを供給する会社も増えてきたことで、合宿免許の形態も多様化しています。

そもそも合宿免許のメリットは何でしょうか。なぜ、利用する人が増えているのか。それは、通学型の教習所に比べ教習期間が圧倒的に短いことです。通学型の教習所は基本的には教習所の都合に合わせたカリキュラムに教習生が合わせるイメージで、高校の卒業生が集中する時期などの繁忙期には卒業までにかなりの日数を要する場合があります。

それに比べ合宿の免許はあらかじめ入学から卒業までのカリキュラムがあらかじめ用意されており、短期間で効率よく免許取得を目指すことができます。仕事をしながら免許取得するためには通学タイプの方が通いやすいかもしれませんが、学生でまとまった休みを取れる場合は、合宿免許が最適であり、免許を取得する時期としては、やはり学生が多いため昨今では多く選ばれる理由となっております。
安くて早いといったこれまでのメリットに加え、現在では様々な付加価値を付けたサービスが展開されております。多様化といってもその内容は様々であり、利用者の合宿免許を利用する目的によって選ぶサービスも変わってきます。どんなサービスがありどんな対象者がそれを選ぶべきなのか、以下でカテゴリー別に解説させていただきます。