立地で選ぶ

そしてかかる経費を抑えるコツのもう一つに、立地があります。

かつて合宿免許があまりメジャーでなかった時代には、住んでる地域から考えて選択できる合宿免許は割と限られていました。しかし現在の教習所事情はかなり変わってきており、多くの教習所で合宿免許のサービスを行っています。教習生側も選べる幅がかなり増えてきているということです。そんな中、どんな立地がいいのでしょうか。それは合宿免許がなぜ安いかということを考えるとヒントがあるかもしれません。

合宿免許の仕組みとしては、通学の教習だけではどうしても昼間や夜間に空きが出てきてしまいます。指導員に空いた時間を作るのであれば、教習費用を安くしてでも効率を上げたほうが良いという考えのもと生まれたサービスであると思われます。

それらのことから通学の教習でもそこまで集客力のなさそうなできる限り郊外の立地を選ぶことが得策ではないかと思います。郊外の立地にある教習所はさらに税金などかかるコストも都心よりも安く済みます。もしかしたらその分教習の費用にも影響してくるのかもしれません。さらに宿泊の費用に関しても郊外や観光地から離れた場所の方が宿泊施設にかかる費用も安く抑えられるでしょう